WaterPlan

 
06
 
fuyuemizuno

でも、米麹の甘酒発見したので買ってきました。ドリンク剤飲むなら甘酒のがいいんじゃない? と思い始めてるので。
08-05 00:01

あ、そうだ、ボールペン落書きしたのだた…。アプしていい? …いや、するけど。
08-05 00:07

とゆー訳で、4色ボールペンでちまちま色も着けてみたよ落書きです。絵柄もちょっと落ち着いてきたかな? https://t.co/GvE6UUoosI
08-05 00:13

昼寝から目覚めました(-_- )
08-05 14:56

昨日のボールペン落書きが、思ってたより反応あってびっくり、嬉しいです(^-^) ありがとうございますー。
08-05 15:45

ロッテリアにきよ。
08-05 16:07

わあい。堀川くんが戻ってきましたー。かっこいい(^^)/ お手紙はしんみりしました…。 https://t.co/GQzdRUscQV
08-05 19:53

早速、次は鯰尾くんに出かけて頂きました。お手紙楽しみなような怖いような…。どきどき。
08-05 19:55

うち父は広島出身だけど、私は遅くに生まれた子なので、実は父は戦争体験者です。とゆっても子供だったので兵隊に兵隊になりたいって思ってたらしいですよ(後から思えばあれは洗脳だよなぁと言ってます)
08-05 22:47

おじいちゃんは教師だったので、赤紙は来なくて、父の兄は年が離れてたので一度は赤紙が来たけど健康上(体力?)兵役につけずだったらしい。
08-05 22:50

広島市内にうちがあったけど、原爆が落ちるような頃は家族で田舎に疎開してたのね。田舎が祖父の実家なんで、疎開とゆってもドラマみたいな悲惨な感じはなかったらしいです。
08-05 22:53

が、よりによって的に5日に広島市の家に祖父と伯父が荷物取りに戻ってて、6日の朝に疎開先に戻ろうと広島駅で切符買ってたら原爆落ちたらしいですよ…。
08-05 22:54

運よく二人とも生きてたけど、気がついたら記憶が途切れてて、なぜが瓦礫の山、みたいな感じだったらしいです。祖父は窓口のとこに頭出してたせいかかすり傷で叔父は風圧で飛ばされたのか祖父の傍にはいなかったそうです。
08-05 22:57

祖父の目の前の駅員さんは姿がわからず、でもすごい瓦礫の山だったのでその中だろうなと思ったそうだけど、やはり自分の息子が心配なんで一日探したけど見つからず帰ったらしいです…。
08-05 22:59

叔父は大怪我だけど、運よく治療受けられて一命は取り留めたらしいです(この話も割と真実は小説よりも奇なりな逸話だったけど、長くなるのではしょり)
08-05 23:00

まあ、でも二人とも軽度ではあるけど原爆病で、50代半ばで他界したので、やはり原爆のせいで寿命は縮みましたよ。
08-05 23:03

とゆー訳で、今のアメリカにはどうこう言いませんが、当時のアメリカはやはり許せないですよね、一般人を無差別攻撃したことは間違いのですし。
08-05 23:05

ただ、原爆投下は正しかったと言われたら反論する気満々ですよ。
08-05 23:06

関連記事
拍手する
    04:06 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Main categoryes
Blog Categories
New Entry
Archives
Link
    nicomi.com
    pixiv
  • その他・Bookmark
Recommend
最盛期の頃はスルーしていた(とゆーか存在すら知らなかった…)のに、遅れてやってきたヘタリア熱のみずのさんですよ…(>_<) でもすごく面白いです、こないだ出た新刊も早速購入済ですっ。
Search
    blogram投票ボタン
Powered By FC2
  • hit!
      • FC2ブログ